第1回ALL山本東矢セミナーH27.3.6(参加者の感想)


◆会場(横浜市医科学センター)

◆セミナー満足度5(97%)、満足度4(3%)、満足度2・1(0件)

◆セミナー終了後、なんと参加者82名が、第2回の仮予約をされた。

 講座内容が決まっていないのにである。ここからもセミナーの満足度の高さがうかがえる。

 

~参加者感想~

こんなに学びの多いセミナーはあまりなかったです。資料も豊富で講座内容もとても良かったです。特に子どもたちだけで動けるようになるためのステップ、予告をして教え、最終的には教師がいなくてもできるようにすること。信頼貯金の授業、プラス・マイナス言葉の授業、WIN×WINの授業、どれも素晴らしかったです。こうした授業を行い、利他の行動を定着させていきたいです。

 

強く憧れてもその学級にどのようなステップを踏めば近づけるのか分からないという教師は多いと思います。私もその一人です。山本先生はこのステップを可能な限りスモールステップにし、言語化して下さいました。具体的な学級経営の仕方がよく分かりました。明日からも使えるもの、4月からやりたいもの、本当にたくさんの学びがありました。ありがとうございました。

「授業が好き」そう言って3本もの道徳授業を見せていただき、山本先生のリズム・テンポを体感しました。

上質な心地よい授業でした。システムを大きなシステムと小さなシステムにわけて考えいる点が大きな学びです。私は小さなシステムという概念が欠けていました。学級というのは小さなシステムの集合体でもあると感じました。4月からの学級経営にいかしてまいります。多くの学びを得た素晴らしいセミナーでした。受付を通り、いすに座った瞬間、冊子に驚きました。このように資料を製本していただき、宝物になりました。

 


一つひとつに実践が趣意説明によってスーッと子どもの中に入っていくように感じました。趣意説明、それも子どもが自ら動きたくなるような説明とセットになっていることが分かりました。子どもたちが自ら動くスモールステップが実践レベルで理論化されていてとてもよい学びになりました。
班遊びの指導はとてもよく分かりました。休み時間も学級づくりの時間に当てているところが素晴らしいです。来年度、ぜひ追試します。また学級の階段を考えて指導することの大切さが分かりました。この実践が今の状態の学級にとって良薬となるか悪薬となるか考えながら実践を行っていくことの大切さも知ることができました。

学習指導はもちろんですが、学級経営に関する様々な布石を知り、4月からすぐやってみたいと思うことばかりでした。雨の日に力が有り余る子どもたちなので、雨の日に班遊びをやらせてみようと思いました。

子供が笑顔になり、仲良くなるシステムがかなりスモールステップということが分かりました。年度初めは教師がしっかり入っていること、そして次第に手を離していくということが具体的に理解できました。また趣意説明だけでおこまで分析して示してくださり、初めて知った事や気づいたことばかりでした。

山本先生の熱意、教育にかける思いがひしひしと伝わりました。

子供を伸ばし、よりよい生き方に導く、荒れを防ぐ。趣意説明には2種類あるというお話に納得しました。このことを意識するだけで子どもたちの伝わり方も変わってくると思いました。また通信に載せて子どもたちの前で読み聞かせるという手法はこれまでやったことがなかったです。一度や二度言っただけでは聞きもらしてしまう子のためにもぜひやってみようと思いました。



あなたの求める学級がここにあります。

山本学級の子どもの圧倒的な事実
それに至るまでの山本先生の分析と研究の深さ

山本東矢先生がその手立てのすべてを教えます。

キーワードは、スモールステップ微細な教育技術

あなたの学級でも追試できる形でお伝えします。

 

セミナー後、あなたの学級は必ず変わります。

あなた自身が変わるからです。